印刷現場の声

新聞印刷にかける情熱、やりがい、喜び。大勢が働く工場だから、十人十色の考えは当たり前。現場で働く4人に話を聞きました。

辻町工場/印刷部/久保 文人
(2004年入社)

「何事もない」を守ること
新聞印刷って、奥が深いんです

  • Q.中日新聞印刷に入社したきっかけを教えてください。

    家族の紹介で、辻町工場の第1期社員を募集していることを聞きました。家族が中日新聞に勤めていることもあり、就職前から新聞業界には親しみがありました。とはいえ、新聞印刷に関しては全くの素人。実際に就職して、最初に輪転機を操作した時は感動しましたね。「自分たちで印刷した新聞が、読者に届くんだ」って。その気持ちは、年数を重ねた今でも忘れないようにしています。

    Q.仕事のどんなところにやりがいを感じますか?

    “新聞印刷”は本当に奥が深い。機械の整備、資材の管理、輪転機の操作、もっと言うと、空調の具合も印刷に影響してくるんですね。私は一通りの仕事を経験し、今は印刷業務をスムーズに行うための保全担当に就いています。幅広い知識が求められるために、日々勉強を重ねる毎日。特にトラブルなく新聞を発送できるということは、私たちのメンテナンスが行き届いていると言えますよね。そんな日々を守ることに、胸を張っていきたいです。

    Q.中日新聞印刷の自慢を教えてください。

    中日新聞社は発行部数を考えても、全国紙に引けを取らない存在であると思っています。その工場を安定稼動できているのは私たちの仕事の成果だと感じますし、それには印刷部員みんなが誇りを持っています。一方で、会社としては“老舗”と言われるほど歴史を重ねておりません。新入社員の個性に合わせて対応は変化させていきたいですし、新しい制度も取り入れていきたい。そういった会社としての“伸び代”に、ぜひ可能性を感じてもらいたいです。

豊田工場/印刷部/杉崎 亮太
(2005年入社)

家族を支える大黒柱だから、
「休みを取りやすい」のも大切

  • Q.中日新聞印刷に入社したきっかけを教えてください。

    愛知県内の工業高校に通っていたのですが、会社の名前を知ったのは進路を考え出した頃。車関係の求人が多いのはこのエリアならではだと思いますが、その中にはライン作業員の募集も多くて。そこで、中日新聞印刷の求人欄に「印刷オペレーター」職の募集を見て興味を持ちました。入社後も、特にギャップを感じることなく仕事に取り組めたのを覚えています。教育環境も整っていますし、覚えることが多い分、仕事に向き合うほど興味も湧いてきますね。

    Q.仕事のどんなところにやりがいを感じますか?

    新聞印刷は作業する人の腕がとても重要。例えば、見本通りの色を再現できるようにするためには、人の手でインキの割合を微調整します。これが新人の頃だと、なかなか思う通りにいかないんですね。なので、早く良い色に調整できた時は心の中でガッツポーズ。経験を重ねていけば、色をコントロールするために気をつけるべきポイントが見えてくるものです。また、昔から機械を触ることが得意なので、輪転機のメンテナンスも好きな仕事のひとつですね。

    Q.中日新聞印刷の自慢を教えてください。

    仕事とプライベートのバランスが取りやすいところですね。会社として制度も整っており、例えば妻が出産した際は、連続して休暇を取得することができました。普段から平日休みを取ることもできますので、土日の混雑を避けて子どもとレジャーに出かけられるのも嬉しいですね。それと、新聞印刷の仕事に就いてから、新聞に対する見方も変わりました。新聞を読むことで社会に目を向け、自分の視野を広げられるようになったのも、この仕事ならではの発見だと思います。

岐阜工場/印刷部/國枝 千加史
(2015年入社)

「もっときれいな新聞を作りたい」
熱中できるものは、工場で見つけた

  • Q.中日新聞印刷に入社したきっかけを教えてください。

    高校3年生になって就職を考え出した頃、中日新聞に載っていた求人欄を見て就職試験を受けました。新聞は両親にとっても身近な存在で、「大丈夫だろう」と背中を押して応援してくれたのが嬉しかったですね。面接、筆記の適性検査を経て就職へ。最初は辻町工場で研修を受けました。工場見学や就業規則の勉強、社会人として身に付けるべきことの多くを、研修期間で学ぶことができたと思います。岐阜工場への配属も、自分の希望をしっかりと聞き入れてもらえました。

    Q.実際に働いてみて、どうでしたか?

    先輩方は口々に「プロになるしかないよ」と聞かせてくれます。本当にその言葉通りで、輪転機の操作や色調整、どれを取っても工夫や経験が必要。輪転機ごとに個性や癖もあって、それを体で覚えていくことだけでも大変です。今は家や出勤中に、機械の操作を頭の中でシミュレーションしてしまうほど(笑)。「上手くできないな」と落ち込むこともありますけど…。その横で先輩がきれいな新聞を作っている姿を見ると、「早く近づきたい!」って気持ちになりますよ!

    Q.中日新聞印刷の自慢を教えてください。

    東海エリアで一番多く読まれている新聞を作れること、誇りに思いながら仕事をしています。新人はみんな、ゼロからのスタート。会社の先輩たちは丁寧に仕事を教えてくれますし、自分でも考えたら考えた分だけ、きちんと結果が伴う仕事だと感じています。同期とも、「この機械、どうやって操作した?」だとか話し合うことも多いですね。先輩に育てられ、同期たちと支え合いながら仕事ができるので、不安に感じることは少ないと思います。

東濃工場/印刷部/田中 明徳
(1999年入社)

地元のみんなが読んでいる
そう思うと、半端な仕事はできない

  • Q.中日新聞印刷に入社したきっかけを教えてください。

    私は東濃工場がある岐阜県中津川市が地元で、両親の希望もあって就職もできれば県内でと考えていました。中日新聞印刷の名前を知ったのは高校3年生の頃、学校内の求人情報で。実家では中日新聞を購読していたこともあって、新聞に対しては幼少時から「読まなくても、目に入ってくる」と身近に感じていたのを覚えています。地元での就職と、新聞に対する昔からの親しみ。入社を志望したのは、そんな些細な理由でしたね。

    Q.実際に働いてみて、どうでしたか?

    「どうやったらきれいに印刷されるのか」「安定稼働のためには、何をしたら良いのか」。日々、工夫を重ねる毎日ですし、年数を重ねるごとによる課題や目標も現れてきます。若い頃は、親が新聞を読んでいるのを見て「これ、俺が色を合わせたんだ」と自慢したこともありました。両親はもちろん、地元の友達もその家族も、自分の周りでたくさんの人が中日新聞を読んでいます。そう思うと、「自分が納得のできない新聞は出したくない」と身が引き締まりますよ。

    Q.中日新聞印刷の自慢を教えてください。

    東濃工場の話にはなりますが、一緒に働く印刷部員たちの「団結力」は自慢できると思っています。先輩、後輩の風通しも良いですし、田舎のゆったりとした空気の中でみんなが仲良しなんですね。それに、ただの馴れ合いということでもなく、東濃工場は無災害記録が6000日を超えています。これはきちんと声を掛け合うことができて、締めるべき時は意識を共有できているということ。やはり、安全第一というのは仕事の基本ですので。