施設案内

私たちが目指すのは、より早く、きれいな新聞を届けること。全ての地域に行き届くよう、最先端の機械と技術を備えています。

コントロールセンター

印刷工程はいずれも、コントロールセンターに設置するコンピューターで集中管理。中日新聞社から紙面データ受信し、印刷部数や配送先の管理、指示、トラブル検知など、工場の司令塔としての役割を担っています。

CTP(ダイレクト製版機)

中日新聞社から受信した紙面データはまず、CTP(ダイレクト製版機)を使ってアルミ版にレーザーで印字。紙面データを焼き付けたアルミ版を「刷版」と呼び、この刷版をオフセット輪転機にかけて高速印刷します。

新聞用オフセット輪転機

刷版にインキと水を供給しながら高速印刷する機械を、「高速輪転機」と呼びます。岐阜工場に設置する高速輪転機では、1時間に18万部を印刷。色鮮やかなカラー面は、墨、シアン、イエロー、マゼンタの4色のインキで刷り重ねています。

紙庫

新聞の素となる紙はロール状となっており、これを「巻き取り紙」と呼びます。量としては、1 本で40 ページの新聞が6000部印刷できるほど。巻き取り紙を保管する紙庫の形態は工場により異なり、辻町工場では省スペースな立体紙庫を採用しています。

巻き取り紙自動仕立て装置

輪転機で高速印刷中、機械を止めることなく新しい巻き取り紙に交換する工程が発生します。巻き取り紙自動仕立て装置はその工程に向けて準備を行うロボット。巻き取り紙に両面テープを自動で貼り付け、巻き取り紙搬送台車に引き渡します。

巻き取り紙搬送台車

巻き取り紙の重さは1本で約1.4tにもなり、当然ですが人力で運ぶことはできません。そこで、巻き取り紙を紙庫から輪転機まで運ぶ役割を担うのが、巻き取り紙搬送台車。輪転機の給紙部へ装着する工程も、この機械が行います。

発送梱包

輪転機で印刷された新聞は、キャリアで運ばれ発送梱包へと到着します。ここで、各販売店に送る部数ごとにまとめられ、オンライン印刷された宛名紙を載せて梱包。その後、発送ゲートを経て指定のトラックへ積み込まれます。